相場はどれくらい?

基本は出産祝いの1/2~1/3ほどの金額

内祝いは「半返し」という言葉もあるように、いただいた出産祝いの金額の1/2ほどの金額でお返しする、ということが相場の考え方の1つです。1万円なら5千円、3万円なら1万5千円ほどが内祝いの相場ということになります。ただし、出産祝いの金額が大きいと、半分の金額のお返しが探しにくいという場合も考えられます。例えば20万円の出産祝いをいただいたとき、10万円分のお返しを考えるのは大変です。

そこで、出産祝いが高額な場合は、1/3ほどの金額で内祝いを贈るという考え方もあります。相場が相手によって変わってくるので、誰からいくらの出産祝いをいただいたか、わからなくならないよう、メモを取るなどして内祝いの用意に備える必要があるでしょう。

相手との間柄によっては一般的な相場によらない場合も

例えば実父母など、非常に近しい間柄の人から高額の出産祝いをもらう場合もあります。一般的な相場で考えると、もらっや金額の1/2から1/3ほどで内祝いを用意するところです。しかし、実父母のような近親は、高額な内祝いをもらうことを想定していないこともあります。これは、孫が生まれ、これから何かとお金のかかる息子や娘のために、純粋な援助として、出産祝いを渡しているからです。

もし内祝いについて、気を遣わないようになどと言われたら、相場にこだわらず、無理のない範囲の金額で気持ちのこもった内祝いを贈ることをおすすめします。また、仕事の社長など、目上の人から高額な出産祝いをいただいた場合、半返しするのは失礼にあたるため、いただいた金額の半分未満で品物を選びましょう。