お祝いが届いたらまずはお礼の言葉を!

お礼の言葉はどんなものが良いのか

内祝いを受け取った方は御礼の言葉を相手に送りましょう。メッセージを相手に送るときにどんな言葉を使えばいいのか迷ってしまう方も多いです。御礼の言葉の書き出しですが、今日品物を受け取りましたという言葉から始めて、お心遣い有難うございますといった言葉をつなげます。品物に付いての感想を述べるときには、もらった商品が気に入ったことを相手に伝えると喜んでもらえます。例えば「毎日使うものなので助かりました」や「とても素敵なもので気に入りました」などと書きます。お母さんやお父さんから内祝いをもらったときには、一番近い身内なので多少砕けた文章でも問題ありません。「体に気をつけてね」や「みんなの健康をお祈りします」といったメッセージを伝えましょう。

メッセージを伝えるときの手段

相手に内祝いのメッセージを伝えるときには、どのような手段が良いのでしょうか。口頭でお礼を言うのが良いですが、あまり出会わない人や遠くに住んでいる方なら頻繁に会うことはできません。友達やお母さんとお父さんなどの身近な方ならメールを使用してお礼に言葉を送るのも良いです。また内祝いが自宅に届いた日にお礼の言葉を相手に伝えたいときには電話を利用して伝えるのも良いでしょう。自分よりも目上の方にお礼のメッセージを伝えるときには、はがきや封筒にお礼状を入れて送る手段も使えます。はがきでのお礼は、遠くに住んでいて口頭だと緊張してしまうような方にメッセージを伝えるときに役立ちます。お礼のメッセージの方法はうまく使い分けると効果的です。