出産内祝いはいつ贈る?

出産内祝いを贈る目安は出産後1ヶ月以内

出産内祝いをいつ贈るかは、少し悩ましいところかもしれません。出産後は、通常約1週間ほどで退院するため、退院後から遅くとも産後1ヶ月を目安に用意するのが一般的です。出産内祝いは、品物を選んだり、贈る相手のリストアップをしたり、商品の注文や発送の手配をしたり、意外にしなければならないことが多く、時間がかかるものです。 赤ちゃんが生まれた後は赤ちゃん中心の成生活になります。昼夜問わず、1日⑩お世話におわれるため、なかなかゆっくり内祝いの品選びをする時間がとれなくなる可能性もあります。可能であれば出産前に、どこで内祝いを購入するかや何を選ぶかなど、ある程度の計画を立てておくと後々楽になるのでおすすめです。

内祝いが遅れる場合は先にお礼のメッセージを

産後1ヶ月が内祝いを贈るタイミングの目安ではあるものの、実際は生後間もない赤ちゃんの子育てに追われ、どうしても内祝いの準備が遅れ気味になることも考えられます。産後のお母さんは体調が回復するまで時間がかかります。また、赤ちゃんの世話は朝も昼も夜も時間に関係ないため、寝不足や疲労で、内祝いの準備まで体力気力がもたないという場合もあるでしょう。そんなときには、内祝いが遅れても問題ありません。

出産祝いをいただいてから半年くらいまでは、内祝いが遅れてもマナー違反ではないという見方もあります。なお、内祝いが遅れそうな場合は、先に出産祝いをいただいたことのお礼のはがきやメールを贈り、用意ができ次第内祝いの品物を贈ると良いでしょう。