いくらくらいの物を用意すべき?

出産内祝いの予算は半額から3分の1の金額を目安に!

出産のお祝いに贈物をいただいたら、感謝の気持ちを伝えるべくこちら側からも贈物をします。これを「内祝い」といいます。もともとは親しい間柄の人々とともに喜びを分かち合う「内輪のお祝い」という意味合いがありましたが、今では「お祝いでいただいた際のお返し」というふうに捉えられています。 さて、内祝いでまず気になることといえば金額でしょう。主に、いただいた物の半額、もしくは3分の1の値段が相場なので高価な物を購入する必要はありません。例えば、一万円相当の品をいただいた場合は3千~5千円のギフトをお返しとして選ぶというようになります。値段が不明のときは一律にしてお返しするといいでしょう。ただし、目上の人へ内祝いギフトを贈る際、高価な品は失礼とされるので避けねばなりません。

贈物によってはシンプルな内祝いもアリ!

出産祝いとして赤ちゃん用の洋服やバスタオルなどのギフトをいただいたら、内祝い用のギフトを贈りますよね。では、花束をはじめとする気軽な贈物をいただいた場合はどのような返礼の品を選ぶのがいいのでしょうか? こうしたケースのときは、こちら側からもあまり格式ばった返礼をせずに1000円程度の品を内祝いとして贈るのが最良です。というのも、経済的に高価な物は選べなかったとしたら、こちらから値段のする物を贈るのは返って相手側の負担になり得るからです。出産というめでたい出来事に対して祝福をすべく、ささやかながらもお祝いの品を贈ってくれたのですから、贈物の値段など二の次です。以上が出産内祝いの相場になります。注意点に気を付けながら感謝の気持ちを返礼の品に託して伝えましょう。